さいとう伸志オフィシャルサイト

自民党ロゴ

さいとう伸志の掲げる政策と実現に向けた思い

持続的な地域経済の成長を図るための市内産業の強化と中小企業活性化策の拡充

▶他都市では起業希望者が減少していく中、本市は若い方々(25歳から44歳)の起業希望者が増加し、有望な起業家やベンチャー企業が誕生しております。起業家支援拠点の更なる充実を検討し、後押し及び起業・創業支援を継続してまいります。

▶中小企業の事業承継問題・人手不足問題は深刻です。全国的に2025年までに後継者が見つからず83万社が廃業を余儀なくされると調査結果が出ており、本市もその波が押し寄せております。廃業は市内経済にも大きな痛手であり、第三者継承や働き方改革等、きめ細やかな対応を市に求めてまいります。

▶近年の法人市民税の増加傾向は緩やかな市内産業の景気回復の兆しであります。引き続き手を緩めることなく、ものづくり、研究開発はもとより、その他の中小・小規模企業の活性化策を推進してまいります。また、地域商店街の賑わいの創出にも努めてまいります。

生まれたばかりの一児の父として、子どもを産み育てやすい環境づくりを目指す

▶市内の子育てアンケートにおいて「子どもを育てるのは楽しくて幸せなことだと思う」と答えた親が9割以上いた反面、「言うことを聞かずイライラ」すると答えた親が6割以上いました。親の不安や心配を取り除くための地域子育て支援の充実に努めます。

▶昨今、連日、悲しい事件が報じられる「児童虐待」、本市の児童虐待相談・通告件数も年々増加してきております。状況を的確に把握し、事件を未然に防ぐため、市と関係機関との更なる連携強化ついて議論し、「悲劇を繰り返さない」ための体制づくりを進めてまいります。

地元高津区の消防団の一員として、地域における防災力の向上を図る

▶災害に関する意識調査を行った際、未だ、行政(公助)に過度な対応を求める意見も多くあることから市民一人ひとりの防災意識(自助)の高揚に努め、積極的に地域防災活動(共助)に参加するよう呼びかけるなど、地域防災力の向上にめざして広く普及、啓発を行ってまいります。

▶私自身、消防団員でもあることから、大災害時に団員が的確な判断と対処ができるための実践的な各種訓練の実施、新規団員の確保に向けた支援、各消防団が効果的に活動できるための救助、応急救護用資器材等の充実を図り、消防団の防災活動力の強化と市民の生命・財産を守るための取組みを推進します。

↑ PAGE TOP